こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、6月29日は「睡蓮」?

今日のあいことばは、ねむるはす、で「すいれん」です。

水の蓮とは書きません。

名前にも由来があって、花が咲くのが昼間で夜は咲かないから…ってことらしいですが…。

 

睡蓮というとお釈迦様を思い出しますが、レンコンのできる蓮と睡蓮は別物っていうのが、いまいち分かっていませんでした…いや似てる…。

 

レンコン畑があるので、「およ?なんか似てんねんけど、別物なの???」とは思ってましたね…植物園とかで睡蓮ありますし。

 

育つ環境は似た感じ(泥で育つ)ですが、はっきりとした違いは葉の形ですね。

 

蓮はまん丸ですが、睡蓮は切り込みが入っています。

あと蓮の葉っぱは傘代わりになるよ!(カッパが持っているのはたぶん蓮)

 

それぐらいしか違いが思い浮かばないんですが…。

 

ちなみに英語のロータスは、蓮も睡蓮もどっちもそう言うそうです…アバウトだな…。

 

そして今日は1966年にビートルズが日本に初来日した日!だそうです。

チケット取れなかった人も武道館の周りに見に行ったっていうぐらい、大フィーバーだったそうですよ!

 

 

ねこあつめのあいことば、6月28日は「スコール」!

今日のあいことばは、「スコール」。

 

真っ先に頭に浮かんだのは、「愛のスコール」ですね!

いや最初見たときアンバサホワイトウォーターだと思ったんだよね…(アンバサってもうないのかな)。

 

九州の宮崎が発祥の愛のスコールですが、たまに飲みたくなる…。

サワーもあるそうですが、飲んだことないなあ。

 

でもって次に出てきたのが、FF8のスコールですね(もう懐かしい部類に…)。

 

学園ものFFとか噂になりましたが、あの当時何がアレって、フィールドに出ても8頭身っていうのが衝撃でした(自分ではプレイしてませんが)。

 

というか主人公なのに私の記憶に残っているのは、サンダルで戦うおとっつあんの方という…。(プレイしていませんが)

 

まあ梅雨時期だし、雨の方のスコールだと思うんですけどね!

 

 

 

 

ねこあつめのあいことば、6月27日は「とどめせ」?

今日のあいことばは…「とど」…??

 

「とどめせ」とは岡山県の郷土料理、ちらし寿司のことです。

 

今日はちらし寿司の日なんだそうですよ。

 

…いやーしかし出身地だけど「とどめせ」とはいってなかったですね…ふつーにちらし寿司っていってました。

 

でもって調べてみると、「どどめせ」って書いてる人がいるんだけど、どっちやねん!

 

グーグル先生にも「どどめせではありませんか?」とか言われましたし。

 

まあ農林水産省が「どどめせ」って言ってるしね…。岡山の観光サイトでもどどめせなんで、多分こっちが正しいと思われます。

 

岡山ではちらし寿司というよりばら寿司っていいますね。

 

歴史は鎌倉時代ぐらいまで遡るそうですが、とにかく具だくさんなのが特徴ですね。

 

 

子供の頃はあんまり好きじゃなかったんですが(でもお祝い事や年中行事では絶対に出てくる)年をとると結構好きになってる不思議。

 

駅前のみよしのはあれだ、日曜日とかに晴れ着で行く場所でしたね…って調べたら、去年の3月末で閉店になっていました。

 

今はお弁当を駅構内で販売してるみたいですが、まあ駅周辺もいろいろ変わってますもんね…ちょっとさみしい。

 

ねこあつめのあいことば、6月26日は「斑猫」?

今日のあいことばは、い、斑鳩??(奈良ですね)と思いましたが、斑は「まだら」と読みます。

 

まだらのねこ、でなんと「ハンミョウ」なんです。

 

ハンミョウというと、ぴょこぴょこ歩きながらたまに振り返るので、「みちしるべ」とも呼ばれるみたいですが、なぜ猫…?

 

猫がたまに振り返る姿に似てるってことなのかな??

 

意味はよく分からないですが、斑猫というのは、中国での呼び名なんだそうです。

 

ハンミョウは虫ですがバッタのように飛ぶことができないので(飛べない訳ではないが飛び続けられない)、タカタカターっと早足で歩くそうです。

 

私はいまいちハンミョウとカミキリムシの区別がついていませんが、写真を比べてみるとハンミョウのほうが大きくて、コガネムシみたいに色が鮮やかですね。

 

あとカミキリムシは草食で、ハンミョウは肉食っていう違いがあります。

 

むしろカマキリに近いんじゃ…カマキリもあまり飛ばないですよね。

追いかけるとトッテケテーっと走って逃げます。(飛んだ方が早く逃げれるのでは)

 

ちなみにハンミョウの幼虫は、穴を掘ってそこで待ち伏せして、ご飯になる虫を待っているのだとか。

通りかかった瞬間に、かぶりついて巣穴に引きずり込みます(合掌)。

 

飼育もできますが、生きているものしか食べない(!!!)というアレがあるので、大変そうですね…。

 

 

ねこあつめのあいことば、6月25日は「茅の輪」?

今日あいことばは、「ちがやのわ」で「ちのわ」。

夏越の祓でつかわれる、大きなわっかですね。これをくぐることで穢れをはらい、夏のお盆を迎えることができるとされています。

 

年末にもあって、こちらは年越しの祓といわれていますね。

 

自身は大晦日は忙しくて(たいてい仕事)やったことがなく、夏のほうも去年はじめてくぐりました。

 

もともと茅で身を守るという風習は、日本神話から来ているそうです。

 

八岐大蛇を倒した、素戔嗚尊が、南海を旅しているときに、とある兄弟に宿を頼んだところ、裕福な弟はそれを拒み、貧しい弟は喜んで迎えてくれたそう。

 

そののちふたたびその地を訪れた素戔嗚尊は、悪い病から身を守るために、茅の輪をつくって腰につけるよう教えてくれたのだそうです。

 

のちに疫病がはやりましたが、弟とその家族は生き延びることができたのだとか。

 

茅の輪くぐりには、作法?というかくぐりかたがあるのも初めて知りましたね…。

 

作法については一応ちゃんと張り紙がしてあるのですが、

1.茅の輪の前で一礼し、左足からまたいで左回りに回って戻ってきます。

2.茅の輪の前で一礼し、今度は右足でまたぎ、右回りに回って戻ります。

3.茅の輪の前で一礼し、左足でまたいで、左回りに回って戻ります。

4.茅の輪の前で一礼し、左足でまたぎ、ご神前にお参りします。

 

このときに神拝詞(となえことば)をいいながら回ることになっています。

 

ことばにはいろいろ違いがあるので、指示されたとおりにいうことが必要です。

 

また茅の輪から茅を引き抜いて帰ると、穢れを持ち帰ることになるそうなので、やらないようにしましょう。

 

しかしはじめての茅の輪くぐり、神社とかではなかったので、祭壇はなかったような…。

 

ちなみに6月の晦日の行事なので、6月30日に夏越の祓をするところが多いようです。

 

神社によっては今日25日におこなうところもありますよ!

 

ただ雨がひどいのでちょっと心配です。

やはり傘さすのは失礼だろうしなあ…。 

 

 

 f:id:soltspspice:20170625110743j:plain

気になって写真を見返してみたけど、やはり祭壇はなかった…。

 

 

 

ねこあつめのあいことば、6月24日は「ディスク」?

今日のあいことばは「ディスク」。

 

円盤状のものをさす言葉ですが、今日は空飛ぶ円盤記念日なんですね。

 

1947年にアメリカで目撃されたのが初めてだそうですが、いまだに謎のままですよね…いやしかしアメリカにはUFOの専門研究所があるって話では(映画の影響)。

 

残念ながらまだ円盤も宇宙人にも遭遇したことがないんですが、宇宙人といえば、「小麦畑の三等星」という漫画が好きですね!

 

小麦畑の三等星 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 そういえばUFO出てきますね…。

 

この小麦畑のイメージが強烈で、

 

OZ 完全収録版 1 (花とゆめコミックス)

       

 この漫画も好きでしたね。

あと一面の菜の花、も脳内イメージが強烈に残ってます。

こっちは漫画ではなく、

 

グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫)

中古価格
¥760から
(2017/6/24 04:35時点)

うねる緑も捨てがたいのですが、菜の花のイメージと暮鳥の詩が強烈に記憶に刻まれてるんですよね。

 

 

ねこねこあつめのあいことば、6月23日は「雨宿り」?

今日のあいことばは、あめのやど、で「あまやどり」です。

 

まあすぐさだまさし出てきますよね…ふふ…。

 

しかし最近軒のある家って少ないような気がしますね。

 

軒があると、雨を防いだり、日差しを防いだり、といったメリットもありますが、木造の場合だと腐ったりとかで年月がすぎると劣化してしまったりします。

 

というか単純に軒を長くすると家の値段が上がるとか、あと敷地面積の関係とからしいです。

 

個人的には雨除けほしい…って感じですが…。

 

あと四角い箱みたいなデザインの家が増えてきてるからなんでしょうね。

 

昔田舎に住んでいたときは(今住んでるところも田舎っちゃ田舎ですが)雨宿りどうぞって家が多かったです(張り紙があった)。

 

自転車を止めさせてくれる家も多かったなあ(お金を払うところもあったけど、数台しか土間におけないので、ただのところも結構ありました)。

 

防犯的な意味が一番多いんでしょうけど、雨宿りで偶然出会って恋、といったシチュエーションは少なくなりつつあるのかも。

 

傘をもっていると雨が降らず、傘がないときに雨が降る体質の私ですが、そんな素敵シチュエーションにはまだ巡り会ったことがありません。