読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、4月28日は「ジュース」?

今日のあいことばは、「ジュース」。

「缶ジュース発売記念日」なんだそうですよ。

 

1954年に、明治からはじめて缶ジュースが発売になったわけですが…私が子供のころは、まだ瓶ジュースがメジャーだったなあ。

 

売ってないわけじゃあないんですが、旅行に行ったときぐらいしか買ったもらった記憶がないんですよね。

 

じゃあ瓶ジュースは飲んでたんじゃないかって話ですが、学校の帰り道にコカコーラの瓶自動販売機(栓抜きつき!)があって、友達が買ってたんですよ。

 

コーラ飲むと骨が溶ける!って親に言われてたんで、ごっついドキドキしながら分けてもらった思い出…。

 

缶ジュースには砂糖がいっぱい入ってるから、虫歯になるよ!って学校で習ったのは中学校ぐらいかと思うんですが、健康志向のブームもあってか、様々なジュースやお茶なども缶になりました。

 

今ではペットボトル入りが多くなってきていますが、こちらもゴミの問題で普及はしているものの問題は山積みの模様。

 

それにしても最近ジュースはあまり飲まなくなりましたね…。

ねこあつめのあいことば、4月27日は「うわばみ草」?

今日のあいことばは、うわばみのくさ、で「うわばみそう」です。

うわばみってあれか、酒の強いひとのことだよね!
と思いましたら、蛇のことでした…。

え、でもヤマタノオロチって酔っ払ってやられちゃうけど、うわばみってそこからきてんのかな…。

実は蛇は大きなものを飲み込むので、大酒のみのこともうわばみっていうようになったそうです。

蛇といえば、こういう晴れた日にアオダイショウに出会ったことがあります。

猫が食われたらことだな!!と追い出そうとしたんですが、なんせ自分の腕(当時小学生)よりふっといやつで、おっかなかった記憶はあります。

まあ腹へってなかったら、動物は襲わないそうですが。

まあどっちかというと、マムシとかのほうが怖いですね!

血清打たないとまじに命の大ピンチ。

血清といえば、「アタックNo.1」のアニメで、バイクのあんちゃんが血清運ぶ話をみた記憶あるんですが、なぜバレーボールアニメで…。

真実はまだ確かめていません。

しかし記憶に強烈に残ってるから、エピソードとしてはあったのかな…たぶん。

ねこあつめのあいことば、4月26日は「蜃気楼」?

今日のあいことばは「しんきろう」、ミラージュですね。

春の季語なんだそうですよ。

逃げ水とかも仲間らしいのですが、蜃気楼はあまり記憶にないので、見たことがないのかもしれません。

海上や砂漠でよくみられる現象だそうですが、うーむ漫画でしかみた記憶ないなあ。

しかし春だというのにものすごい豪雨になったり、今年もなんだか荒れ模様の毎日。

ツバメは大丈夫だろうか…。

ねこあつめのあいことば、4月25日は「忘れ物」!

今日のあいことばは、ものを忘れる、で「わすれもの」です。

思い返せば忘れ物…たくさんありますねえ。

お金がかかった忘れ物というと、新幹線に忘れた帽子です。

東京から帰る新幹線に忘れ、たしか折り返して大阪で保管されていたのを送ってもらったんですよ。

送料…(笑)

でもそこまで大切にしていた帽子ですが、くたびれて捨ててしまいました。

なんであそこまで執着してたのかはなぞです。(まあ多少高いやつでしたが)

ところで今日は拾得物の日なんだそうですよ!

1980年の今日、一億円の落とし物があり、申し出る人がいなかったので、拾った方のものになったそうです。

いや一億円ってかなり重いよね?!
落としたらわかるよね?!

てな気もしますが、落とした人は気がつかなかったんでしょうね…。

こないだの三億円の強奪といい、お金の感覚が…。

小市民なので、一万円札十枚の厚みでもどきどきしますけどね!

ねこあつめのあいことば、4月24日は「植物図鑑」!

今日のあいことばは、植物の図鑑で、「しょくぶつずかん」ですね。

 

有川浩さんの小説を思わず連想してしまいましたが、今日は「植物学の父」とも言われた牧野富太郎の誕生日。

 

94歳までさまざまな植物の新種を発見し、名付け、標本を作り…すごい人生を送った人なんですね。

 

彼の作った本、牧野日本植物図鑑は今も多くの人に読み継がれている植物図鑑。

 

ちなみに私が牧野さんの名前を知ったのは、波多野鷹さんという方のかかれた本、「Aqua」という小説なんですが、発行年数をみたらあわわわw(笑)

 

鷹匠をされているという話を、どこかで拝見したことがあるんですがお元気かなあ。

 

 

ねこあつめのあいことば、4月23日は「物語」!

今日のあいことばは「ものがたり」。

サンジョルディの日ということからなんでしょうね。

 

サンジョルディの日は、スペインのカタルーニャ地方で始まった守護聖人サンジョルディをお祭りする日なんですね。

 

カタルーニャ地方は、スペインでも北東部、一番端の海に面したところにあり、もともとは先住民が住んでいて、交易でギリシャの人々が住み着き、自治領であった時代もあるなど、なかなか波瀾万丈な歴史のあるところなんだそうです。

 

国一つとってもそれぞれに物語が…。

 

ところでサンジョルディの日は、本を贈り合う日なんだそうですが、恥ずかしながら、私は本屋さんでバイトをするまでは全く知りませんでした…というか認知度は低いような気がします。

 

聞くところによると、20世紀に入ってからの行事なので(サンジョルディの日自体は歴史がありますが、本を贈るというところで)まだまだ宣伝が足りないということなのでしょうか。

 

俳優はいろんな人生が体験できるという話を聞いたことがありますが、物語を読むのはいろんな主人公になれる貴重な体験だと思います。

 

なりたい自分、なれなかった自分、なれるかもしれない自分…。

 

そう思うと、物語の可能性は無限大だなあ。

 

 

 

 

ねこあつめのあいことば、4月22日は「ツバメ」!

今日のあいことばは、「つばめ」…ですが、カタカナで「ツバメ」と入力しないとだめですよ(やりました)。

 

ツバメが来ると、ああ5月が来るなあ、と思います。

ちょうど桜が散るぐらいから飛ぶのを見かけますが、一体どこから飛んでくるのか、よく時期が分かってますよね。

 

我が家のあたりは巣ではなく、社交場らしく電線にものすごい数のツバメがとまります。

 

なかなかの迫力です…(20羽以上はいる)。

 

近くの電柱にたまにカラスが巣を作りかけるんですが、こないだ危険だということで撤去されたので、今年は安心して子作りできるでしょうか…。

 

でもツバメって数が減ってるらしいですね。

 

縁起がいいとか商売繁盛のシンボルとか、ツバメはこう、人の心を和ませてくれる存在なので、なんとかまた増えていってほしいものです。