こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、5月19日は「舟遊び」?

今日のあいことばは、ふねのあそび、と書いて「ふなあそび」です。

 

舟遊びというと、ちょっとぴんと来ませんが、平安時代に貴族の間で流行っていた風流な遊びです。

 

なんせ庭に池やら川やら作っちゃう貴族様たち。

 

庭の池に舟を浮かべ、舞を見物したり和歌を詠み合ったりと楽しんだそうです。いやそもそも庭に舟とか、どんぐらいのスケールなの…と思わずにはいられませんが。

 

ちなみに夏の季語だそうです。

 

まあ春とか秋とかでも良さそうな感じがしますが、やはり夏の暑さを紛らわすための行事だったのかなーとか考えるとちょっと楽しいですね(そうか?)。

ねこあつめのあいことば、5月18日は「ことのは」?

今日のあいことばは、「ことのは」。

漢字だと「言の葉」と書きます。

 

言葉や言語のほか、歌や和歌の意味もあるそう。

 

今日は5(こ)10(と)プラス8(は)で、「ことばの日」なんだそうですよ。

普段何気なく使っている言葉ですが、言い方や付け加える表情によってはいろいろな受け止められ方をしますよね。

 

私とかほんと口が先に出るというか(子供の頃からさんざん親にたしなめられているのに直らない…病気か…)言ってはいけないことを口にしてしまい、ほんと色々ダメな人生を送ってきたので、今後生きる人には言葉を大切にしてほしいな~と思います。

 

言葉はね、口に出したら取り消せないだけでなく力もこもっちゃうからね!

本当にヤバいからね?

 

話せば分かるという人もいますが、最初の一言を失敗するといくら言葉を重ねても取り返しはつきません(というか最初のパンチの記憶が強烈すぎてそのあとは何を言われても耳に入らない状態になるんだよ)。

 

ツイッターとかほんと危険だよ!

消しても魚拓撮られているからね!

発言は慎重にね!

ねこあつめのあいことば、5月17日は「山女」?

今日のあいことばは、やまのおんな、と書いて「やまめ」と読みます。

山の渓流とかにいて、食べた女の人が魚になったからとか色々話がありますよね!

「八月の六日間」(北村薫)にそういった話があったような。

ヤマメは10月から4月ぐらいまで、禁漁期間があるそうで、そうかこれからむしゃむしゃされる時期…!

ちなみにアユとヤマメの違いがよく分からないのですが、味が違うとかなんだろうか…(焼きたての魚はうまい)。

ちなみにヤマメはサクラマスの仲間らしいので、ぐるっと乱暴にまとめると鮭に近い…のかな?(間違ってたらすみません)

ねこあつめのあいことば、5月16日は「雲水行脚」?

今日のあいことばは、くものみず、あしでいく、と書いて「うんすいあんぎゃ」です。

雲水とは、雲や水のように流れていくこと、そして行脚はお坊さんが諸国を巡り歩くことですね。

もちろん水戸の黄門様のように気ままな旅…ではなく、修行の一環なんですけど。

 

今日は「旅の日」だそうですよ。

 

松尾芭蕉奥の細道に旅立った日、とされています。

 

まあ松尾芭蕉も修行の旅ではありませんが、旅の中で自分の人生を見つめ返した、という点では修行みたいなものだったのかな…。

 

結局芭蕉は江戸にはもどらず、大垣へ向かいます。

 

一度江戸にもどり、「おくの細道」を仕上げますが、また旅にでたりして、結局は江戸に戻っていないんですね…。

 

しかしものすごいスピードで旅をしていたことで、実は忍者じゃないか?ともうわさされていたそうです。

 

歌も詠めるインテリ忍者(笑)。