こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、1月20日は「大寒」?

今日のあいことばは、おおきなさむさ、で「だいかん」。

二十四気節の第24で、立春の前日までの期間のこともこう呼びます。

 

一年で最も寒い日ともいわれ、カピパラさんに温泉プレゼントといった話がニュースになったりしますよね…。

 

朝はものすごくさっむ!と思ったのですが、日中は穏やかな天気になりました。

 

とはいえ、来週は大寒波が来るという大予想…今年は花粉も多いらしいですし、ほんとに恐ろしい…ガタガタブルブル。

 

まあ予防になるかは分からないですが、ヨーグルトをしっかり食べて備えたいと思います。

免疫力は大事だ…!(たぶん)

 

 

ねこあつめのあいことば、1月19日は「ペーチカ」?

今日のあいことばは、ロシアではおなじみの暖炉…でもありオーブンで、レンガ組みのもののことをいいます。

 

ロシアって氷点下50度とからしいですよオソロシア…(冷凍庫よりも寒いのでは)。

 

暖房器具でもあり調理器具でもあり、寝るときに暖も取れるという便利道具(道具?)だそうですが、童謡では「ペチカ」って歌ってますよね。

 

まあロシア語なんで、発音の違いなのかな??

 

ロシアっていうとアレですね、はいからさんが通るですよね!

 

アニメしか記憶がなくて、数十年後に原作を読んで、衝撃だった記憶が。

 

詳しい話は色々と忘れちゃってますが、あの少尉はどうにも日本離れしてるよねー!っと思ったら、ロシアの血が入ってるとかっていう衝撃の事実が…(だったかな??)。

 

おそロシア…!(それ違う)

 

明日はいよいよ大寒…来週はまた寒波が来るそうですよ。うう、死にそう。

ねこあつめのあいことば、1月18日は「寒卵」?

今日のあいことばは、さむいたまご、で「かんらん」と読みます。

 

まあ冷えた卵…ではなく、寒の入りから立春前までに産んだ卵のことで、滋養があって体に良いとされています。

 

この時期は寒いので、鶏もぎゅーっと栄養をためこんでいるんですね…。

 

おや?なら卵もだけど本体も栄養があるのでは…??(どうなんだろう…卵に栄養もっていかれてるかも…)

 

ちなみに大寒の日(今年は20日ですね)に産んだ卵を食べると、金運が上がるといわれています。

 

こっちは「大寒卵」というみたいですよ。

通販とかでもよく見かけますね。

 

まあ家で鶏飼っていれば、産みたて卵が食べられそうですが、なかなか難しいですね…。

 

あの黄身がつまめる卵とか、大寒卵でなくても食べてみたい気がします。

美味しいんだろうなあ…(おっとよだれが)。

ねこあつめのあいことば、1月17日は「雪まろげ」?

今日のあいことばは、ゆきのまろげ、で「ゆきまろげ」です。

 

まろげというのは、「まろでおじゃー」(一休さんにでてくる義満さん…?)ではなく、漢字で書くと「丸げ」。

丸めることをいうそうですよ。

 

つまり雪合戦で作る雪玉とか、大きな塊にして雪だるまを作ることをいいます。

 

雪転がしともいいますね!

 

冬の季語でもあるので、雪が降る中元気に遊ぶ子供達がイメージって感じでしょうか(日本語は難しい…)。

 

子どもの頃もそうそう雪で遊んだ記憶はないのですが(雪だるまになるほど積もらないというか)、雪が降るとなんだかこう野生の血が沸き立ちますね!(なぜ)

 

しかしやはり温帯地域住民というか、以前に雪山に行ったときには、横殴りの雪に雪合戦どころではなかった…ひたすら寒かった記憶しかありません。とほほ。

 

今年はめっちゃ雪降ってるニュース多いですねえ…ほんとどうなってるんでしょうこの気候…。

ねこあつめのあいことば、1月16日は「故郷」?

今日のあいことばは、「こきょう」と書いて「ふるさと」と読む!(はず)

昔奉公に出ていた人や嫁に行った人が、里帰りできた藪入りの日が今日1月16日。

年に二回しかふるさとに帰れないのは辛いな~。

まあしかし今は嫁に行っても、実家が近くだったりするとしょっちゅう帰れたりしますからね…。

電車もあるしバスもあるし。
なんともありがたい時代になりました…。

奉公というと、野麦峠ですよね。あれはなかなかきつい話だった(読んだのは中学生)。

ねこあつめのあいことば、1月15日は「どんど焼き」?

今日のあいことばは、どんどんやく!で「どんどやき」です!

どんど焼き小正月の行事で、1月の14日か15日におこなわれます。

お飾りやしめ縄などを燃やしますが、書き初めを投げ入れて高く舞ったら字が上手になるよ!とかいわれましたねえ…(舞ったことなかったけども!)。

お正月にきてくださった歳神さまは、どんど焼きの煙にのって帰られるそうですよ。

どんど焼きの火にあたると、一年を健康に過ごすことができるんだとか。

それにしても、最近ではなかなかこういった大きな焚き火(ん?)は家ではできないからなあ…焼き芋とかしたくなりますね!(いけません)

でもどんど焼きとあと、餅を焼くというところもあるみたいですね。

これでお正月も一区切り。まだまだ寒いですが…。

ねこあつめのあいことば、1月14日は「鳥追い」??

今日のあいことばは、とりをおう、で「とりおい」です。

小正月の14日や15日に、田畑の鳥を追い払う行事だそうですよ。

まあ鳥は田んぼとか荒らす虫を食べたりもしてくれるんですが…やはりミミズとかは食べられると困る!なのかな…。

正月のお祝いの芸として、鳥追い唄を歌うという風習もあったそうで、まああれか…「いつまでも正月の気分でおらずに働け!」ってことでしょうか…フフフ…。