こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、8月23日は「処暑」?

今日のあいことばは、なつのところ…?で「しょしょ」と読みます。

 

二十四節気の第14で、この日を境に暑さが落ち着くといわれているわけですが…いつもより暑いような気がするのは気のせいか?ん??

 

朝見た室温が30度で湿度70%ってところで、また盆前にぶりかえしかーい!

って気になりました…(まあ朝は窓しまってるし…)。

 

この処暑の日には台風も多いそうですが、あまり来てないような気も。

 

そして処暑といえば、そろそろサンマが美味しい季節ですね!

 

ニュースで言ってましたが、この週末あたりからどーんとお買い得になるらしいので、夏バテ防止に(回復?)いっちょ買ってみますかね…。

 

大根おろしで食べると脂が中和されてるような気がして(笑)ついつい食が進みます。

 

 

ねこあつめのあいことば、8月22日は「街道」?

今日のあいことばは、まちのみち、で「かいどう」ですね。

江戸時代の東海道中膝栗毛を思い出しますね!

あれを実際歩いてみた、という人が結構いるのがびっくりです。

まあ今は道も変わってますけど、昔の人も本読みながら歩いたんだろうなあ。

ちなみに今日はチンチン電車の日。

東京電車鉄道の路面電車が走った日、なんだそうですが、今日のは「チンチン電車の日」で、路面電車の日は6月10日(ろてん=路電)なんだとか。

しかし日本で最初に一般道路の路面を走った電車は、京都電気鉄道だそうで、ここらへん追求したらえらいことになりそうです…。

ねこあつめのあいことば、8月21日は「泉」?

今日のあいことばは、わきでる「いずみ」ですね。

 

1877年の今日、日本に初めて西洋式の噴水が作られたことから、今日は噴水の日なんだそうですよ。

 

しかし日本最古の噴水は、1861年に作られた兼六園の噴水なんだとか。

高低差を使ったものなので、日本オリジナルなのかな…??

 

噴水といえば水が噴き出して夏とかに、見て涼しい浴びて(?)涼しいってやつですが、とにかく高く吹き上げることに命をかける(?)技術者の方が多いらしく…。いやまあ別にそれはそれでいいと思うんですけどね…!

 

最近では水と光のコラボとか多く、一体どこからその水が…!と心配になりますが、循環しているので大丈夫なんだそうですよ。

 

とはいえ毎日不安定な天気で、困ってしまいますよね。

 

多すぎるのも少なすぎるのもイヤ、ってのは人間のわがままでしょうけども。

ねこあつめのあいことば、8月20日は「ガガンボ」?

今日のあいことばは「ガガンボ」。
なんかの楽器の名前か?とか思ったのですが、漢字で書くと「大蚊」。

血を吸うにっくきあいつのおかあさん、みたいなネーミングですが、ガガンボは花の蜜を吸うだけで、人間には害を及ぼさないのだとか。

むしろ芋虫みたいな幼虫のときにはイネの根っこをかじったりするので害虫扱いなんだそうですよ!

じゃああの成虫のときのひょろひょろ具合はいったい…すぐやられてしまいそうで心配です(笑)。

しかも偽物もいくつかいるそうで、ガガンボ強く生きろ…。

ねこあつめのあいことば、8月19日は「朝日」?

今日のあいことばは、朝の日、で「朝日」です。

あたらしいあさがきた、ではじまるラジオ体操の歌を思い出しますね。

最近では子供が少ないのと朝早くから音がうるさい、という苦情も多く、ラジオ体操をしないところも増えているそうです。

昔は夏休みの宿題で、ラジオ体操に全部参加というのがあって、おばあちゃんちに行った時にはそっちでやってるラジオ体操に参加してハンコもらったりしてましたね…。

今はそこまで頑張らなくていいんでしょうね。

寂しいような、まあそれも時代でしょうか。

ねこあつめのあいことば、8月18日は「あらめ」?

今日のあいことばは、あらめ。

ざらめではないですよ!()

ひじきによく似ていますが、ワカメの仲間なんだそうですよ。

食べ方はひじきとよく似ていて、水でもどしてから佃煮にしたりお味噌汁の具にしたりするそうです。

ちなみに漢字で書くと「荒布」なので、これで来られたら危なかったぜ…(えっ)

ねこあつめのあいことば、8月17日は「からけし」?

今日のあいことばは、からのけし…???

となりましたが、消し炭とかけばお分かりいただけるでしょうか。

 

燃えた後の炭のことをいいます。

 

毎年五山の送り火(今年は16日)のあと、使われた炭を持って帰って玄関につるすと、無病息災、悪霊退散…とご利益があるのだとか。

 

炭を粉にして飲むと病気が治るっていう話もあります。

 

しかし京都以外ではあまり知られていないのでは…(西日本在住ですが初めて知りました)。

 

いったい皆さんどこでそのご利益話を学ぶんですか…。

 

この送り火も、五つの山で時間をずらして点火するそうですが、毎年10万人の人出っていう時点であっ(お察し)。

 

子供の頃は山焼きと勘違いしてたなんて、恥ずかしくていえませんね!