読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

11月19日のねこあつめのあいことばは「ぶぶ漬け」?

今日のあいことばは「ぶぶづけ」です。

 

ぶぶとはお茶のことで、ぶぶ漬けとは「お茶漬け」のこと。

 

京都のネタ話でよく聞くぶぶ漬け…昔何かの漫画でこのやり取りを見たことがあって、ぶぶ漬けホラーにとりつかれた時期がありました。

 

「京都にいって”ぶぶ漬けでもいかが”って言われたらどうしよう!!」

(普通に旅行していて、そんなシチュエーションはまずないって今ではわかりますが)

 

ってやつですね。

 

京都は「一見さんお断り」というお店の話もあり、ちょっと怖かったです。

一見さんお断りなら、開店したばかりの店はどうやって客を集めるのか…と考え込んだりしてました(笑)。

 

一見さんお断りは、東京とかでもあるみたいですね。

 

ちなみにこのぶぶ漬けのやり取りも、明治ぐらいまでは各地であったやり取りなんだそうです。

 

ぶぶ漬けを勧められても断れ、というのは

「そろそろお帰りにならないといけない時間だけど名残惜しいわあ」というおもてなし側の心と

「お気遣い済みません、でもそこまでして頂かなくてもいいですよ」っていうもてなされる側の遠慮からのやり取りなんだそうですが。

 

いやそれ知らないで育ってたら単にホラーだから。

 

水木先生の描く妖怪を退散するときの合い言葉(呪い返し?)とかも水木先生の漫画読んでないとわからないからな!!!

(水木先生のおかげで、怖い本を読んでもとりつかれない大丈夫という変な自信がついたあの頃)

 

ってのと同じです。

 

まあこういうおもてなし文化が消えていったのは悲しいことかもしれませんが、それってそもそもわかる人に言わないと意味ないよなあ…。

 

(その漫画では「では頂きます」って返しちゃって以下略というとても胸につまるオチでした。ツライ)