こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

1月14日のねこあつめのあいことばは「奇跡」!

「きせき」。

 

まさにそんなことばがぴったりな出来事が、1959(昭和34)年のこの日に起こりました。

 

南極観測隊で南極に置き去りにされた、タロとジロの生存が確認された日です。

 

苦楽を共にした仲間であり家族でもあった犬たちを置いていかざるを得なかった悲しい選択。

 

それでも生き延びた2匹の姿は、大きな感動を与えました。

 

この二匹の物語は、映画やドラマにもなったので、知っている人は多いと思います。

 

動物愛護の観点から、非難の声も多かったようですが、わざと置き去りにしたわけではなく迎えに行けなかったための結果としてのことなので、どうかなあという気はしますね。

 

最近山岳系の小説を読む機会があったのですが、ああいった命の危機と背中合わせのなか行動する際には、「命を救うために切り捨てる」選択を迫られる場合があります。

 

安全な場所が当たり前の私たちには、想像の及ばない極限状態です。

 

その選択が正しかった、誤りだった、ということは、その場にいた人にしか分からないものではないでしょうか。

 

そしてそれを責める権利は、同じ思いをした人にしかないのではないかと思うのです。