こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、9月11日は「稲光」?

今日のあいことばは、いねのひかり、で「いなびかり」と読みます。

いなびかりというと、雷のこと。

 

おや?

 

雷って稲妻って書きますよね。

 

実は雷も稲光も、稲妻も同じ意味なのです。

 

もともとは稲の夫と書いて、いなづまと読んでいたそうです。

いなづまが夫で、鳴ると稲の妻が子をはらむ、つまり米が出来るという風に考えられていたのです。

 

昔はつまは「夫」も「妻」も指していたので(ややこしいですな!)そういう字になっていたんでしょう。

 

雷は雷神という神様が太鼓を叩いていると考えられていたので、つまり神様からの恵みということですね。

 

稲夫は江戸時代に稲妻になりました。

 

稲刈りの季節に雷が鳴ることが多かったことも、この呼び名に関係しているんでしょうね。

 

ちなみに地名でも稲光というのが残っています。

 

稲が豊かに実る土地だったのか、それとも雷に関係のある土地なのかな…?