こよみみ

ゲーム「ねこあつめ」のあいことばを毎日更新中!一年365日と1日の暦やら今日は何の日について色々調べています。

ねこあつめのあいことば、4月5日は「ラノララク」?

今日のあいことばは、「らのららく」。

 

ぱっと見「何かのリズム?」とか思ってしまったのですが、これはチリのイースター島にある火山の名前なんだそうです。

 

イースター島というとモアイ像が有名ですが、このモアイ像はラノララクの凝灰岩から作られているんですって。

 

そして今日は…1722年にイースター島が発見された日、「イースター島発見の日」となっています。

 

ちなみにイースター島の名前の由来は、発見された日が復活祭(イースター)だったことからなんだそうですよ。

 

しかし未だになぜモアイ像が作られたのか、なぜみんな同じ方向を向いているのかは謎のままらしいです…。

 

ねこあつめのあいことば、4月4日は「清明」?

今日のあいことばは、きよくあかるい、で「せいめい」と読みます。

 

まあ変換すると「晴明」ってやっちゃう陰陽師好き(夢枕先生…!)ですが、この「清明」は二十四節気のほうですね。

 

万物に清らかで新しい春の気が満ちる頃、と言われています。

 

桜も満開になり、空気も清々しい…春ですねえ。

 

コロナの影響で、実は世界の二酸化炭素濃度が下がって、環境改善になっているという喜ぶべきなのか悲しむべきなのかっていうニュースも出ています。

 

でもまあ環境がよくなることも大切なことなんですけどね…清浄な気でコロナも撃退できたらいいんですが…。

ねこあつめのあいことば、4月3日は「春雨」?

今日のあいことばは、はるのあめ、と書いて「はるさめ」です。

 

春の雨でもありますが、食べ物でも春雨ってありますよね…。

 

でもまあ、春といったらやはり春の雨、ですよね。

 

雨が降るたびにあたたかくなる、という話を子供の頃からよく聞かされてきましたが、不思議と毎年そのようになるのが自然の摂理…。

 

でもまた夏になったら「この暑さはいつまで…」とかいうんだろうなあ…。

 

うーん、夏になったら寒さを忘れ、冬になったら暑さを忘れるこの頭()

 

ねこあつめのあいことば、4月2日は「童話」?

今日のあいことばは、わらべのはなし、と書いて「どうわ」です。

 

童話っていうと、イソップ物語とかアンデルセン童話とかが浮かんできますよね。

 

今日は「国際こどもの本の日」なんだそうですよ!

 

有名な童話作家であるアンデルセンの誕生日であることから、記念日として制定されたそう。

 

あとグリム童話っていうのもありましたね…。

 

ちなみにこの三大童話(?)、どれも作者の名前なんですね。

 

ただイソップ童話古代ギリシャの寓話を集めたものらしいので、どこまでオリジナルでどこから聞き書きなのかというのはよく分からないみたいです。

 

うーん、まあでもあまり作者を気にせず色々読んでいた記憶はあるんですけどね!

 

でも「本当は怖いグリム童話」とか一時期ブームになったときには、ちょっと童話を読むのが怖い症候群になってしまった記憶があるなあ(その本はちらっとしか読んでませんが)。